雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

黒茄子とは?雨白とは?階級とは?

   

2ch2ちゃんねる)などの掲示板やクレジットカードのコミュニティなどで耳にする黒茄子階級雨白って、いったい何?そんな疑問を解決するのが本記事「黒茄子?階級?雨白?」です。果たして黒茄子とは、階級とは、雨白とは、それぞれ何を指すのでしょう。

先に解答をどうぞ。
黒茄子ダイナースプレミアムカード
階級JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)
雨白・雨白金アメックスプラチナカード

黒茄子=ダイナースプレミアムカード

ボーナスを茄子と表すのは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ですが、クレジットカードで「茄子」と言えば、ダイナースクラブのこと。ダイナース→ダイナス→ナス→茄子、ですね。なんだか野暮ったいような・・・。

さて、頭に黒が付くのは、いわゆるブラックカードのブラック。つまり、黒茄子とは、ダイナースのブラックカードであるダイナースプレミアムカードのことを指しています。

ダイナースプレミアムカードが本当にプレミアムなのかは、ひとまず横においておきましょう。

ただ、私のような一般人にとって明らかにプレミアムなのは、ダイナースプレミアムカードの年会費。その額、なんと13万円。しかも、これ、税抜きです。

持っているのは、芸能人から会社の社長さんなどが多いといわれていますし、実際にそうだと思うのですが、意外や意外、平凡なサラリーマンでも、普通のダイナースクラブのカード(茄子)を持って、平凡な日常生活の決済をしていればインビテーションが届くことも。

黒茄子ことダイナースプレミアムステータスを感じている方のなかには、こうした、大した金額を使っていないのにダイナースプレミアムの招待が来るのは、ダイナースのマーケティングの一環だと主張する方もいらしゃるのですが、現在は、年会費稼ぎなのでしょう、結構な数のダイナースプレミアムインビテーションがばら撒かれているのが事実と言えそうです。

確かに昔は、普通のダイナースでさえ年収1000万以上の管理職で自家保有が条件の憧れのカードだったので、その上位カードであるダイナースプレミアムと言えば、それはもう大したステータスのあるカードでありましたが・・・。

雨白(雨白金)=アメックスプラチナカード

黒茄子と同じくらい目にするのが、雨白。勘のよい方ならもうお気づきでしょうか。雨はアメックスを指しています。そして、白はプラチナ。足し算すると、アメックスプラチナカードですね。

白はプラチナじゃねーよ、という皆さん。おっしゃる通りでございます。アメックスプラチナカードは、雨白のほかにも、雨白金とよばれることもあり、白金ならプラチナの隠語としても成立しますね。

私は最初、この雨白金という単語を2chで目にした際、白金=「しろがね」という印象を持ってしまいました。お金持ち、というイメージの怖さでしょうか。そうでもないでしょうか。

さて、雨白または雨白金なるアメックスプラチナカード、こちらは、黒茄子ダイナースプレミアム)としばしば比較されるカードです。プラチナなのにブラックカードと比較されるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。これは、アメックスのブラックカードであるセンチュリオン雨黒)は本当のプレミアムカードで一般人ではほとんど持てる可能性がないことに由来します。

雨白または雨白金なるアメックスプラチナカードも、黒茄子なるダイナースプレミアム同様に、大した金額を使っていないのに招待(インビテーション)が来るようになってきたようです。

アメックスプラチナカード年会費は、やっぱり13万円。しかも、やっぱり、これ、税抜きです。

階級=JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)

さて、問題なのが、この階級。ある程度、クレジットカードに詳しいと思っていた私ですが、2chでの流れを読むまで確信が持てませんでした。

階級=クラス。クラスって?という方もいらっしゃるでしょうか。このクラス(階級)は、JCBの最上位カードである、JCB・ザ・クラス(JCB The Class)を指す隠語です。

JCB・ザ・クラス(JCB The Class)の券面は黒いのですが、クレジットカード好きの方々のなかでの扱いは不遇な感じで、ブラックカードの仲間にはなかなか入れてもらえないようです。JCBにはプラチナカードが存在しないため、というのも理由のひとつでしょうか。

個人的には、現時点では、黒茄子(ダイナースプレミアム)雨白・雨白金(アメックスプラチナ)よりも、取得が難しいカードだと思っています。黒茄子(ダイナースプレミアム)や雨白・雨白金(アメックスプラチナ)が、前述の通りバラまき気味なのに対して、階級すなわちJCB・ザ・クラス(JCB The Class)は、きちんとJCBでクレジットヒストリー(クレヒスと言われます)を磨かないと、なかなか取得できないカードと言ってよいでしょう。

JCBは東京ディズニーランドの公式スポンサーであるため、この階級ことJCB・ザ・クラス(JCB The Class)を持っていると、ディズニーランドのJCBラウンジであるclub33に入ることができ、ディズニーファンには嬉しいカードです。

階級ことJCB・ザ・クラス(JCB The Class)の年会費は5万円。黒茄子や雨白・雨白金に比べると半額以下です。

その割には、サービスや特典はダイナースプレミアムアメックスプラチナに見劣りしないので、この三つの中ではコストパフォーマンスに優れたカードと言えそうです(海外での認知度などを抜きにすれば)。

隠微

最後におまけですが、隠微というのも、クレジットカード関連のサイトや2chで見かけることのある用語です。こちらは、そのまま、インビ=隠微で、インビテーションの隠語です。上記の三枚のカードは原則としてインビテーション制招待制)なので、あわせて使われることが多いです。

雨白の隠微が来ない、とか、黒茄子の隠微が来た、という感じです。以上、黒茄子?階級?雨白?、何かのお役に立てましたでしょうか。

 

 - クレジットカード, マネー・投資・家計, 豆知識・雑学・お役立ち , , , ,