雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

木村拓哉・キムタクの出身地は?住所は?自宅は?

   

本記事ではキムタクこと木村拓哉さん(以下、敬称略)の出身地住所について、木村拓哉(キムタク)の誕生から現在までを、ネットに溢れる情報を整理・検証して追ってみたいと思います。木村拓哉(キムタク)の出身地・住所、どうぞ。

木村拓哉・キムタクの出身地・住所(自宅):小学校入学まで

木村拓哉キムタクは東京都が出身地住所であると公式には掲載されています。これは、キムタクが小さい頃に東京都の葛飾区柴又に住んでいたとの情報によるところが大きいです。

一方で、木村拓哉・キムタクが生まれたところ木村拓哉キムタク)の出身地・住所と考えた場合は、現在も木村拓哉の実家がある千葉県鎌ヶ谷という説、そしてもう一つ、大阪という説があります。これは後者が有力で、木村拓哉・キムタクの出身地・住所は、大阪と考えてよいでしょう。というのも、本人がTV番組「おは朝」なかで大阪の箕面市(みのおし)に3才頃まで住んでいたと語っていたという、キムタク本人による情報があるためです。

ですから、小学校入学までの木村拓哉(キムタク)の出身地・住所は、まず大阪の箕面市(みのおし)で生まれ、その後に東京都の葛飾区、そして小学校に入学する前に現在の実家のある千葉県鎌ヶ谷へと引越しをしたと考えるのが妥当だと思われます。

木村拓哉・キムタクの出身地・住所(自宅):高校1年まで

木村拓哉(キムタク)は出身高校である東京の代々木高校に編入するまでの出身地・当時の住所としては、千葉県千葉市の検見川浜というところにある公団のアパート、磯部団地に家族と共に住んでいたという情報が有力です。木村拓哉が代々木高校に編入する前に千葉県千葉市の花見川区にある千葉県立犢橋高校(こてはし高校)に通っていたことは、千葉県の高校受験案内の千葉県立犢橋高校の欄に出身有名人として記載があることからも、事実と考えられます。

また、ビストロSMAPにプロ野球選手の高橋由伸が出演した際、高橋選手がよく遊んでいたという場所と木村拓哉キムタク)が習っていた剣道の道場が近くだっと盛り上がっていたことを考えると、高校に編入するまでの木村拓哉(キムタク)の出身地・住所としては、千葉県千葉市の検見川浜という説は信ぴょう性がとても高いですし、木村拓哉(キムタク)出身高校からも確かだと思われます。なお、木村拓哉(キムタク)は最初の出身高校である犢橋高校では、部活はバスケ部に所属していたと言われています。

なお、木村拓哉(キムタク)が千葉市の磯辺団地に住んでいたのは短い期間だった可能性が高く、木村拓哉(キムタク)の当時の住所について様々な情報が飛び交っているのは、木村拓哉高校2年生からは都内の代々木高校に編入していたせいでしょう。まとめると、高校1年まで木村拓哉・キムタクの出身地・住所は千葉県千葉市ということになります。

木村拓哉・キムタクの出身地・住所(自宅):高校2年~

木村拓哉キムタク)が東京の代々木高校に編入した後は、木村拓哉の家族は公団を経て、普通のマンションに引越し、その後、検見川浜の一軒家を買ったとのこと。ですが、木村拓哉キムタク本人は、芸能活動が忙しくなったからでしょう代々木高校への転校を期にして一人暮らしをはじめ、東京都世田谷の駒沢近くにマンションを借りて暮らしていたという情報が多くみられます。以上から、木村拓哉・キムタクの高校2年から当面の出身地・住所は世田谷の駒沢というのが有力な説です。

木村拓哉・キムタクの出身地・住所(自宅):現在

家族から独立した木村拓哉キムタクは、前述の通り世田谷の駒沢近辺のマンションで暮らしていましたが、その後、浜田山のマンションに転居したとのことで、この辺りになると芸能活動も本格化しており目撃情報も多くなります。そして、工藤静香との結婚後は中目黒で暮らしているとのことです。現在に至る木村拓哉の出身地というか住所は、様々な目撃情報を時系列順に追っていくと、世田谷の駒沢近辺を経て、浜田山、そして現在の中目黒と考えられます。

木村 拓哉・キムタク公式プロフ

木村拓哉(キムタク):俳優、歌手、タレント。男性アイドルグループ・SMAPのメンバーであり、「キムタク」の愛称が報道などで使われている。

木村拓哉(キムタク)の生年月日: 1972年11月13日 (42歳)
木村拓哉(キムタク)の生まれ: 東京都
木村拓哉(キムタク)の身長: 176 cm
木村拓哉(キムタク)の配偶者: 工藤 静香 (2000年から)
木村拓哉(キムタク)の子: 木村 光希、 木村 心美
木村拓哉(キムタク)の兄弟: 木村 俊作

 

 - 芸能ニュース・芸能人・有名人 , , , , ,