雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

アメックス プラチナ審査と年収

      2019/02/12

欲しいひとは欲しいアメックスプラチナカードアメックスプラチナの入手、そして活用にはどれくらいの年収が必要なのでしょうか。実体験と周囲のアメックスプラチナ所有者の意見を交えて、みていこうと思います。

アメックス プラチナ

正式には「プラチナカード」(※頭にアメックスが付かない)と呼ばれるアメックスプラチナ憧れる人もあれば、見下す(または嫌う)人もあり、招待がきても華麗にスルーする人もあり、そんなアメックスプラチナですが、どの位の年収だと持てる、あるいは、持つに値するカードなのでしょうか。

年収の前に…アメックス プラチナは招待制

アメックスプラチナは日本では原則として招待制となっており、主にアメックスゴールドカード所有者のなかから選ばれた人に送付されるインビテーション、すなわちアメックスプラチナへの招待状を得て入手できるカードです。

さて、招待制ですから、最初に持っているのはアメックスゴールドということになり、こちらはプラチナカードと異なり自分で申し込むことができるので、その際に年収なども自己申告することになります。ちなみに、アメックスゴールドの審査通過の年収目安は年収300万円程度と考えてよいでしょう。

ここではアメックスプラチナの記事らしく、と申しますか、私の実体験にあわせて年収600万(30代後半)として進めます。

アメックス プラチナを入手できる年収

ゴールドカードを入手してアメックスプラチナの招待を待つわけですが、平均して月に20万程度を1年ほど利用していれば、来る人には来ます。金融事故情報や多額なキャッシング・カードローン(住宅や自動車のローンを除く)利用情報、いわゆる借金情報が信用情報機関に載っていると、さすがにNGでしょうけれど。

つまり年間で約200万円をアメックスで決済するということです。あらゆるものをアメックスでの支払いに集約させるか、ちょっと高価なものを買うタイミングであればクリアできる程度で、決して「お金持ち!」と騒がれるほどの金額ではないですね。貧乏!とも言えないですが…。

大企業の管理職であるとか、俗に言う弁護士・税理士・医師などの士業の場合は、200万も使わなくてもアメックスプラチナ招待が来るようですが、ここは私のような普通の会社員であることを前提に話を進めましょう。

アメックス プラチナとゴールドカード時の年収

さて、ここでようやく年収との関係になるのですが、アメックスに既に提出してある年収はゴールドカード時の年収600万(額面)。そこから、200万使える人となると、相当に物欲が強いか、貯蓄があるか、土地などで他の収入を得ているか、と想像するのが妥当だと思います(借金がない前提で)。

つまり、可処分所得(自由になるお金)がありそうな人は、アメックスプラチナ招待しちゃえってのが、アメックスの考え方だと思われます。

次のページでは以下の二本立て!いよいよ本論に迫ります!
アメックスプラチナと年収は関係なさそう
アメックスプラチナ特典を使い倒せる年収は?

アメックス プラチナと年収は関係なさそう

年収を基準にするよりも、自由になるお金がありそうな人には「とりあえず」アメックスプラチナへの招待を送っちゃえ、と前項で書きましたが、その理由を裏付けるのが以下の二点。

アメックス プラチナ年会費は13万円(税抜き)

月に換算すれば携帯代程度ですし、月に1万円くらいであれば節約可能な額ですが、カードの年会費に13万というと妙に高額な気がしませんか?アメックスプラチナの招待を送っても、ここで躊躇する人は年収に関係なくプラチナに入会しませんよね。ですから、自由になるお金があるという想像のみで「確信」はできなくても、年収が高額でなくても、招待してみる」というかたちで、本当にお金がある人だけがアメックス・プラチナに入会してくるだろうという戦法がとれるわけです。仮に無理してアメックス・プラチナに入会したとしても、アメックス年会費分しっかり儲けられるわけですからね。

アメックス プラチナだからといって限度額が高いわけじゃない

限度額がない!なんて噂があるアメックスプラチナですが、一律にないだけ(公式に明記されています)であって、実際は、しっかりあります。それも最初はかなり低く年収の1/24が目安になります。そこから利用歴や金額をみて少しずつ増額されていくかたちです。三井住友VISAなど普通のゴールドカードでも、長年使っていれば300万円程度の限度額には設定されますが、アメックスの場合はプラチナカードであっても最初の数年はそうはいきません(デポジットといって、アメックスの口座に5000万円ほど預けておかない限り…)。知人の経営者は年収2000万を越えていますが、アメックスに訊ねたところ70万を目安にしてくださいと言われたそうです。つまり、かなり慎重に限度額を設定してリスクを最小限にしているのです。

アメックス プラチナ特典を使い倒せる年収は?

アメックスプラチナにはホテルの上級会員特典や飛行機のアップグレード特典など、様々な特典が用意されています。ですが、これらは、格安サイトで予約・購入した場合には適用されません。原則として、ホテルやエアライン会社が提示する安い料金(格安サイトよりもずっと高い)でアメックスを経由して利用する場合にのみ適用されます。

アメックス・プラチナ年会費の元を取ると考えると、格安サイトなら3万円で泊まれる高級ホテルに定価の6万円で予約して8万円の部屋にアメックスプラチナ特典でアップグレードされるような使い方をする方でないと難しいと思います。そして、同じ条件の特典は、セゾンなどから出ている年会費のずっと安い提携のセゾンアメックスプラチナなどでも使えるのです。

もちろん、本家アメックスプラチナならではのサービスもあるのですが、やはり「少しでも安いものを探す労力を使うくらいなら金で解決してしまいたい」と思えるくらいの金銭的余裕が必要なものが多いです。そこで年収を考えると、周囲をみてアメックス・プラチナを上手に使いこなせている人の年収(不労所得も入れて)は大体「下が」が2000万円くらいという印象です。キャバクラで「わーすごい!(棒読み)」と騒がれるようなプライスレスな価値もあるといえばありますが…。

時々、アメックスプラチナ普通の人には持てないというような記事を目にしますが、持てないというよりは、使いこなせないといった方が適切ですね。もちろん、アメックス・プラチナで支払う場面では、無理して持っているのか、本当に余裕があって持っているのかはわかりませんから「見栄」に見合った年会費だと思うこともできます。私ですか?見栄に5年間ほど払いましたよ…。ああ、優雅な海外旅行に行けたなぁ。

アメックスプラチナを目指すか、やめとこーと思うか、参考になれば嬉しいです。

 - クレジットカード, マネー・投資・家計, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , ,