雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

クレジットカードのキャッシングとカードローン

   

この記事ではクレジットカードのキャッシングよりもカードローンの方が得であることを取り上げています。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングで耳にする「キャッシング・リボ」。本来は一括で返済する前提の高い金利でのキャッシングを、ショッピングの分割払いやリボ払いと同様に、ある程度の期間で分割して返済する仕組みです。ショッピングと同じ感覚でクレジットカードのキャッシング枠を利用されている方はいらっしゃいませんか?これはとても損です。翌月に一括で返済されている方の場合でも、カードローンと比較すると利息の差は大きくなります。

クレジットカードのキャッシングは損

クレジットカードキャッシング枠は、新たな契約も必要なくクレジットカードの明細書で管理できますし便利な点も多いのですが、その利息は1ヶ月で全額返済する場合でもカードローンと比較して大きな差があります。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの利息

多くのクレジットカード付帯のキャシングでは利息(金利)は法律で定められた上限かそれに近く設定されています。計算を簡単にするため、クレジットカードのキャッシング枠の年利(年間利息)を一般的な17%としておきます。一方のカードローンの年利(年間利息)は会社や限度額によりまちまちですが、大手銀行系カードローン300万円限度額とした場合を例として、カードローンの年利(利息)7%として考えてみます(クレジットカードが普通に持てる方なら多くの場合、所得証明書不要でこのくらいの限度額・年利とすることができます)。

10万円を1ヶ月(30日)借りて一括で返済した場合クレジットカードのキャシングとカードローンを比較すると、利息が次のようになります。なお、利息の計算方法は「借金残高×年利÷12か月=1ヵ月の利息」です。

▼キャシング(年利17%)の一ヶ月の利息
約1420円

▼カードローン(年利7%)の一ヶ月の利息
約580円

クレジットカードのキャシングとカードローンでは利息がこんなに違うのです。翌月一括で返す場合でもこれですから、キャッシングの金利でリボ払いなんてしていたら、どれだけの利息を払うことになるやら…。

 - キャッシング・カードローン, クレジットカード, マネー・投資・家計 , ,