雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

キャッシングとカードローンの違い

   

キャッシングカードローン違いを見ていきたいと思います。特に、クレジットカード付帯キャッシングと、キャッシングカードローン専門の会社や銀行との違いです。

キャッシングとカードローン

みなさん、キャッシングしてますか?えっ!?利用してない?それならそれが一番です。借りずに済むのが一番!ですが、もし、給料日前にちょっと金欠のとき、クレジットカードのキャッシング枠を利用することがある!そんな方は、キャッシングとカードローンの違いを知っておいた方がお得かもしれません。キャッシングカードローン違いを知った上で比較して上手に利用する方法の参考にしていただければ幸いです。

なお、結論としては、クレジットカードのキャッシングよりも、キャッシング専門の会社やカードローン会社の方が利息上とても有利です。

キャッシングとカードローンの違いは?

さて、キャッシングカードローン比較すると違いは大きく分けて二つあります。それぞれ見ていきましょう。なお、この記事において、キャッシングとは、キャッシング専門の会社によるものではなく、主にクレジットカードに付帯されているキャッシングを指しています。カードローンはその名の通り、カードローンです。

キャッシングとカードローンの違い:利息(金利)の比較から

クレジットカードに付帯するキャッシングカードローン比較して、一番の違いは利息(金利)です。キャッシングの利息(金利)は、カードローン比較すると、一般的に高く設定されています。

これはキャシングが(もともと)一括で返済する前提であることに由来します。キャッシングした金額がその前提通り翌月に一括で返済されても、クレジットカード会社がある程度の収益を得られるように利息(金利)が高く設定されているのです。

一方、カードローンの利息(金利)が低いのは、もともと分割で返済していくことを前提にしているため、ある程度の低金利であっても、長期にわたって利息を得ることでローン会社が収益を得ることができるようになっていることが理由です。

キャッシングとカードローンの違い:限度額

前述の通り、カードローンキャッシングと違い長期にわたっての貸付・返済を前提としているため、限度額が高く設定されています。一方で、クレジットカードに付帯するキャッシングは、翌月一括返済という前提によって、カードローンに比べて低い限度額となっていることが多いのがキャッシングと比較してわかる違いの特徴です。

キャッシングとカードローンの違い:それぞれのメリット

現在は消費者金融(キャッシング会社)だけでなく、多くの銀行カードローンを宣伝しています。銀行系カードローンの場合、300万円以下の限度額であれば所得証明書の提出を不要とするなど、契約にかかる手間が軽減されています。

キャッシングを利用されている方でも、ごく稀に数万円程度の少額利用で、翌月に一括して返済してらっしゃる方にとっては、現時点では、身近で、かつ、既に持っているクレジットカードのキャッシングの利用であってもさほど問題ないかもしれません。利便性や管理の面からも、クレジットカードと一体になっていることはメリットのひとつと言えます。

借金も経済力?カードローンの契約は転ばぬ先の杖

ですが、人生、いつ何があるかわかりません。一括で返せないときがくるかもしれません。そんなときにクレジットカードキャッシング枠を使えるお金と考えてカードローンのように利用してしまうと、利息でずいぶん損をしてしまうことになります。

キャッシングの借り入れ額が増えてからでは、カードローン契約時に有利な金利が適用されない可能性や、限度額が低く設定されてしまい再起に必要な金額を借りられない可能性も高くなります。キャッシングの借り入れ額や件数が多くなってしまってからでは、契約すらできない可能性もあります。

クレジットカードのキャッシングを頼りにせず、今は必要なくとも有利なキャッシングカードローンを組めるように契約しておくことは、ひとつの人生設計と言えるかもしれません。

もちろん、借りずに済むのが一番という考えに変わりはありませんし、皆さんもそう思ってらっしゃると思いますが。

以上の記事が「もしも」に備える参考になりましたら幸いです。

 - キャッシング・カードローン, マネー・投資・家計 , ,