雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

波田陽区の現在

      2019/01/14

波田陽区(はたようく)現在、YouTubeでフェニックスだそうです。どういうことか、みたくなくとも、みてみましょう。

波田陽区(はたようく)の現在が話題に

お笑い芸人の波田陽区(39歳)がYouTubeで迷走していると現在、話題になっている。極端に若い読者の方はご存知ないかもしれないが、波田陽区は10年ほど前に「ギター侍」としてなぜか人気を得た。

ギター侍ブームが当然のように過ぎ去った後も、バラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」にレギュラー出演するなど、テレビの世界で活躍していた波田陽区。しかし、番組が終了するとともに、彼の姿を見る機会がめっきり減ってしまい、ファンに心配されていた。

波田陽区(はたようく)の現在はYouTubeでフェニックス

そんな波田陽区が、昨年からYouTubeでの動画配信に力を入れている。波田陽区は、YouTube動画を定期的に投稿する「YouTuber」として活動しているのだが、公式チャンネル「youku mania」の登録者はその数おどろきの59人(4月21日現在)と、ほぼ一般人である。

昨年9月からYouTubeに投稿しているのが「こんなところにフェニックス」シリーズ。上の画像は、その一幕であり、ほぼ全てでもある。YouTube動画の説明によれば、このシリーズは「波田陽区が放つ渾身の『フェニックス』が様々な場所で羽ばたく」という内容だそうだ。黄金色の派手なのだか地味なのだかわからない衣装を着た波田陽区がいろいろな場所に出没し、何かをしつつ、決めとしてポーズをとるという一貫したつまらなさで人を心配にさせる内容だ。ナンセンスという点では、ギター侍を踏襲しているが、質は低下しているといわざるを得ない。

波田陽区のYouTubeでフェニックス、小島よしおに心配される

YouTubeやニコニコ動画などでは、一般人でさえナンセンス動画を投稿し、レアケースとして話題になることができる現在の状況がある。そのような中、波田陽区YouTubeにおける「フェニックス」動画に対し、同じ匂いのする、しかし、今のところは波田陽区よりもメディア露出の多いお笑い芸人である小島よしおが、21日に自身のTwitterで波田陽区現在心配した。

波田陽区のYouTubeでフェニックス、不名誉な話題に

大変失礼な言い方だが、波田陽区は腐っても芸能人である。ネットでは「フェニックス面白くないです」「シュールとつまらないを履き違えてる」「言葉もない」「本当に意味がわからない」など厳しい声や「大丈夫ですか?」「もう無理しないでください」「見ていて辛いです」など余計な心配の声も寄せられているが、これが一般人との差というものだろう。不名誉さで話題になるには、過去の栄光が必要である。

波田陽区(はたようく)のYouTubeはいつまで続くか

波田陽区は昨年1月頃まで、独特のキモカワタッチで描く「幸せ村の住人」という絵のシリーズをTwitterに投稿していた。しかし、こちらもフェニックス同様、大した話題になることはなく更新が途絶えてしまった経緯がある。なんとかは岩をも通すというが、今回はどこまで続くのだろうか。同じ苗字の知人を持つ身として、波田陽区現在、そして未来から目を離すことができない。

芸能担当Y

 - 芸能ニュース・芸能人・有名人