雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

御料理・貴船(きふね)金沢

      2019/01/14

予約が困難なことで有名な金沢御料理貴船(きふね)へ行ってきました。

御料理・貴船(きふね)|金沢

御料理・貴船は、金沢の有名観光名所のひとつである主計町茶屋街あります。この茶屋街は、やはり観光名所となっている金沢ひがし茶屋街に近く、金沢ひがし茶屋街(金沢でもっとも大きな茶屋街)に比べると小規模で、料理店や古民家を改装したカフェバーが中心となっています。流れが穏やかなことで女川と言われる「浅野川」をはさんで駅側が主計町茶屋街、対岸右斜めに金沢ひがし茶屋街があります。

金沢・貴船の部屋

さて、貴船の話でした。貴船へ赴いたのは予約した午後7時です。夕食をいただきに伺いました。古民家を改装した和風のたたずまいです。夕食は一日に4組限定予約で、二階の座敷と一階の個室、それぞれに二室あります。今回は、中庭を眺めることのできる一階の個室です。個室といっても、完全に密閉されているわけではなく、お店の方が出入りする木戸にはスリッドが入っています。隣室とは視界は完全に遮られていますが、上部が開放されています。私たちの隣室は、穏やかに会話をしながらお料理を楽しんでいる方々で、うるさいという感じはありません。何を話しているのかは聞こえるので、料亭のように完全な密談は難しいでしょう(二階座敷のことはわかりません)。ですが、こちらのお店は、お料理がすばらしいので、密談どころではなくなってしまうような気もします。

金沢・貴船の人気の秘密

貴船の人気の秘密は、一つ目は、やはりお料理にあるでしょう。詳しい内容などは食べログに譲り、ここでは写真にとどめます。金沢らしい作家モノの器に、和の雅さが映える創意工夫された盛り付けです。ただただ金沢を前面に出すだけの料理が多い中で、こちらは、金沢のもつ雰囲気丁寧に体現したお料理との印象を持ちました。もちろん、金沢ならではの海鮮なども取り入れられています。毎月、メニューが変わるそうですから、店主は創造との格闘を休むことなく続けているのだと思います。ご飯は、最後のお食事の時間にちょうどよく炊き上がるように、入店と同時に各室専用の土鍋に火が入れられます。電子ジャーでもないのに、自分の食べる時間から逆算されて火が入れられるなんて、なかなか体験できません。食べ切れなかった分は、持ち帰り用に包んでもらうことができます。

もう一つの理由は、内容に対して、とてもリーズナブルなこと。サービス料8%がかかりますが、夕食のコースでも5000円からです。私たちがいただいたのは真ん中の6500円のコースですが、十分なボリュームと質です。お酒を多く飲まれる方は、5000円のコースでも十分に楽しめるのではないでしょうか。

完全に余談になってしまうのですが、お酒といえば、ドリンクメニューにポールジロージュースがあったところにとてもこだわりを感じました。これは、お酒ではないのですが、ポールジローという300年以上続く旧家の持つ畑で生産されるコニャックの原料となるぶどうジュースで、とても独特なうまみがあります。毎年秋ごろに予約が開始され、予約のみで完売される年も多くある、知る人ぞ知るジュースだと思います。私は、東京に住んでいた頃に、銀座の有名なバーで教えてもらい飲んだことがあったのですが、金沢でこれに出会うとは(金沢に失礼ですが)思いもよりませんでした。

金沢・貴船は本当に予約困難?

さて、金沢貴船はどのくらい予約が困難なのでしょうか。半年先まで予約できないと言われていますが、私たちが訪れたのは金曜の夜で、予約は約3ヶ月前でした。また、この日の帰りに、今度は土曜の夜で次回の予約をしましたが、約3ヶ月先でとることができました。これは3ヶ月先でないと空きがなかったというわけではなく、なんとなく季節が変わった頃に訪れたいなと思って申し出た時期です。直近での予約状況を、もう少し詳しくたずねればよかったのですが、至らずすみません。さて、そのときの印象ですが、どうしてもこの日時というわけでなければ、2,3ヶ月先ならば予約できないこともなさそうでした。第一候補の日曜日夜は満席だったのですが、第二候補に挙げた土曜の夜はどちらも予約可でしたから、もし訪問を希望される方は、予約困難と言われているからとあきらめてしまわずに、お店に尋ねてみたほうがいいと思います。旅行で訪れる際には、日程の幅を大きく持たせることは難しいとは思いますが、まったく予約が取れないというわけではなさそうですから。運にかけてみる価値のあるお店、御料理・貴船だと思います。

 - 観光・旅行 ,