雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

ヒカキンの年収・月給(月収)・日給・時給

      2019/01/31

ヒカキンの年収

泣く子もニッコリ笑顔にしてしまう魔法のユーチューバー、ヒカキン。ユーチューバー自体の年収もたびたび話題に上りますが、そのなかでも日本でトップクラスのチャンネル登録者数・視聴回数を誇るヒカキンの年収は、いかほどなのでしょうか。

 

結論から言うと、2018年のヒカキンの年収は約12億円と推定されました。

 

ヒカキンの年収(収入)は主に以下の四つに支えられています。

 

・YouTubeからの広告収入
・YouTubeでの企業コラボ案件の収入
・株式会社UUUMからの収入

 

以下、それぞれについて、ヒカキンの年収を見てみましょう。

 

YouTube広告によるヒカキンの年収

ヒカキンは現在4つのチャンネルを運営しています。その合計視聴回数は1ヶ月で約2億回を超えます。

 

YouTubeからユーチューバーに支払われる広告収益は、1再生あたり0.05円から0.5円と幅がありますと言われています。これはチャンネル登録者数・視聴回数・高評価の割合によって変動するのですが、ヒカキンはYouTubeの公式おすすめユーチューバーにも選ばれており、チャンネルを平均しても1再生あたり0.35円は得られていると考えてよいでしょう(ちなみに、株式会社UUUMの決算資料を読み解いた方によると同社所属ユーチューバーの平均は1再生あたり0.238円とのことです)。

 

すると、約2億に0.35円をかけて約7000万円が月の収益、これを年収に換算すると約8億4000万円がヒカキンがYouTube広告から得られる年収になります。

 

YouTube広告から得られるヒカキンの年収=約8億4000万円

 

YouTubeでの企業案件動画(企業コラボ動画)によるヒカキンの年収

企業案件動画(企業コラボ動画)とは、ユーチューバーが企業をスポンサーにつけて商品などを紹介する動画のことを指します。商品などを紹介してもらう報酬として1動画あたりいくらという設定で、企業からユーチューバー(ここではヒカキン)に支払われる仕組みです。

 

以前はチャンネル登録者数の1.5倍から2倍が企業案件の報酬と言われることが多かったのですが、現在は広告代理店によって広告の効果測定がしっかりとなされるようになり、簡単には計れなくなりました。

 

そこで、大手広告代理店に勤める友人にヒカキンの企業案件の報酬を尋ねたところ、企業案件動画(企業コラボ動画)1件あたり約1000万円と考えられるとの返答を得ました。これはテレビCMよりは安いものの、他のユーチューバーよりは高額で、その理由はヒカキンの番組視聴者=広告のターゲットが比較的絞られていることが理由だそうです。効率よく広告が打てるということですね。

 

この企業案件動画(企業コラボ動画)1件あたりの報酬金額は、広告代理店の取り分も含めた額だそうで、ヒカキンの収入になるのは約60パーセントの600万円ほどではないかとのことでした。

 

ヒカキンは月に約5件の企業案件動画(企業コラボ動画)を制作していますので、こちらから得られる月収は約3000万円、年に換算すると約3億6000万円がヒカキンの企業案件動画(企業コラボ動画)から得られる年収となります。

 

YouTubeでの企業案件動画(企業コラボ動画)によるヒカキンの年収=約3億6000万円

 

株式会社UUUMからのヒカキンの年収

株式会社UUUMはヒカキンが共同発起人となって起業した会社で、東証マザーズに上場しており、ヒカキンは株式会社UUUM所属のユーチューバーとして活動するとともに、最高顧問として在籍しています。

 

上場企業とあり、あまりに高額な報酬は株主の心象を悪くしてしまうでしょうから、顧問という立場を同規模の他社役員報酬と比較して、月給100万円、年収にして約1200万円と計算しておきたいと思います。

 

株式会社UUUMからのヒカキンの年収(役員報酬)=約1200万円

 

2018年のヒカキンの年収は約12億円

以上の三つのヒカキンの年収の柱を合計すると約12億1200万円、推測ですので1200万円は無視して、約12億円ということで結論づけたいと思います。

 

ヒカキンの年収=約12億円

 

ヒカキンの年収から月給・月収を計算

ヒカキンの年収から月給・月収を計算してみると、ちょうど?キリがよく、月給1億円となります。

 

ヒカキンの年収約12億円/12ヶ月=ヒカキンの月給・月収=約1億円

 

年収1億円を超えると1億円プレーヤーなどとしてスポーツ選手が大きく報道されることを考えると、その金額をひと月で稼いでしまうヒカキンは、やっぱりすごいですね。

 

ヒカキンの年収から日給を計算

ヒカキンの月給を約1億円とすると、ヒカキンの日給はいくらになるでしょうか。

 

ヒカキンは動画編集やネタ出しなども自分でやっているそうですし、普段の生活では豪遊などもしないとききます。

 

それこそ動画制作とその関連作業に起きている時間の大部分を費やしていると思われますので、週一休みで働いていると仮定すると、月間の労働日数は約26日となります。

 

ヒカキンの月給を約1億円としましたので、ヒカキンの日給は月約26日労働で、約385万円になります。

 

ヒカキンの日給=約385万円

 

ヒカキンの年収から時給を計算

ヒカキンは1日に何時間ほど働いているのでしょうか。ヒカキンは自身の動画で、動画を撮影・編集している様子や徹夜して作業している様子を紹介しています。

 

その際に、それがヒカキンの日常という様子をかもし出していました。それを信じると、1日に14時間は働いて、つまり動画制作に費やしていると考えられそうです。ヒカキンが投稿している動画数や投稿頻度を考慮しても、現実的な時間ではないでしょうか。

 

ヒカキンの日給を約385万円と計算しましたから、これを14で割ると、ヒカキンの時給は27万5000円ということになります。

 

ヒカキンの時給=27万5000円

 

東京都の最低時給が985円ですから、その約280倍です。

 

ヒカキンのプロフィール

ヒカキンの生誕日:1989年4月21日
ヒカキンの出身地:新潟県新井市(現:妙高市)
ヒカキンの国籍:日本
ヒカキンの居住地:東京都
ヒカキンの職業:YouTuber・ヒューマンビートボクサー・UUUMファウンダー・UUUM最高顧問
ヒカキンの身長:174 cm

 - マネー・投資・家計, 芸能ニュース・芸能人・有名人, 豆知識・雑学・お役立ち , , ,