雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

劇薬サインバルタ服用体験記:副作用は?効果は?

   

はじめてのサインバルタ

こんにちは。編集部のM田です。私は5年前に双極性障害と診断されて、現在治療中です。

双極性障害なのですが、躁状態のことは滅多にありません。ほとんどの時期が鬱状態で、ラミクタールやオランザピンを処方されているのですが、改善されず、医師から、追加でサインバルタを処方されるに至りました。

この記事では、サインバルタ服用開始時から服用後1ヶ月経っての状況を書いてみたいと思います。なお、私は一患者で、医療従事者ではないので、患者個人の一例としてお読みいただけますようお願いします。

主治医が言うには、双極性障害には鬱病の薬は使わないというのが通例のようですが、サインバルタを使うことで鬱状態が改善されたという事例もあるとのこと。これまで何年もラミクタールやオランザピンを飲んできたにもかかわらず、思ったように効果が出ないので、試してみようということになりました。

さっそくネットでサインバルタを検索してみたら、なんと劇薬とのこと。副作用が強く出て、服用を中止されている方もいらっしゃるようで、少し怖いと思いながらの服用開始です。

劇薬サインバルタ服用開始1週目

まずは1週目、サインバルタ1カプセル(20mg)から服用を開始しました。少しずつ用量を増やしていくとのことでした。

私の場合は、朝服用との指示。副作用で吐き気や下痢、胃の不快感などが数日あらわれるかもしれないので、どうしても耐えられないようだったら服用を中止して下さいと言われました。影響されやすい私は、その時点で恐怖。

ですが、幸いにも、サインバルタ服用開始から1週間経っても副作用らしい症状は出ませんでした。強いて言えば、日中にいつもより少し眠気を感じたような気がしますが、気のせいかもしれません。

気分の方は、相変わらず鬱状態で改善されませんでしたが、主治医から最低用量では効果は見られないかもしれないと言われていたので、今後に期待です。

劇薬サインバルタ服用開始2週目〜4周目

幸いにも耐えられないような副作用があらわれなかったので、予定通りサインバルタ20mgを2カプセル、合計40mgに増量することになりました。飲み方は以前と一緒で朝の服用です。

気になる副作用ですが、最初の数日間は特に何も感じなかったのですが、4日目あたりから、日中に時おり強い眠気を感じるようになりました。と言っても、仕事ができないほどではなかったです。

期待の主作用の方ですが、気分が少し楽になってきたような気もしますが、まだ自分で自覚できるくらいの鬱状態でした。ただ、鬱の辛さが副作用の眠気で紛れている感じでもありました。

劇薬サインバルタ服用開始4週目以降

サインバルタ服用3週目までの感覚から、私の場合、鬱状態の改善はあまり期待できないのかなと思い始めていた矢先、ある日、気分がそんなに沈んでいないことに気がつきました。かと言って、軽躁状態でもありません。ネガティブな思考は消えないのですが、なんだか少しモヤが晴れたような気分です。

主治医にそのことを話すと「効いてきたみたいだね。よかったね」と喜んでもらえました。私自身、ラミクタールでもオランザピンでも、少しもよくならなかったので、少しでも変化が得られたことがとても嬉しかったです。

サインバルタは60mgには増薬せずに、40mgのままで様子を見ていくことになりました。

また変化があったら、ご報告したいと思います。

 - ブログ・編集後記, メンタルヘルス・健康 , , , , ,