雑記事コム

クレジットカードから芸能の話題、雑学まで!

アメックセンチュリオンカードのインビテーションを入手するには?年収は?決済額は?

      2020/03/12

私自身はアメックスプラチナカードしか持っていないのですが、真のブラックカードと言われるアメックスセンチュリオンカードを持っている友人がいます。
聞きにくいことも聞ける仲なので、謎に包まれているアメックスセンチュリオンカードのインビテーションを入手して無事にアメックスセンチュリオンカードのホルダーとなった彼に、年収決済額など、いろいろ聞いてみました。

はじめてのアメックスはアメックスゴールドカード

はじめてのアメックスとして、アメックスゴールドカードに新規入会したのが、27歳の時で、ベンチャー企業を立ち上げて1年ほどを経った頃のことだそうです。紹介ではなく、ウェブのバナーから申し込んだそうです。その時の年収は約1800万円だったとのことでした。限度額が低かったそうで、会社の経費とプライベートで月に30万円程度の決済を2年半ほど続けていたそうです(限度額を超える部分ははダイナースプレミアムカードで決済していたとのこと)。

アメックスプラチナカードのインビテーションが届いた時の年収は2億円

そこで、アメックスプラチナカードのインビテーションが届いて、即入会したそうです。経営する会社が急成長して、この時の年収は2億円。この頃に、アメックスセンチュリオンカードの存在を知り、年収にともなって限度額も上がったので、経費やプライベートの決済をアメックスプラチナカードに集中させるようになりました。

アメックスセンチュリオンカードのインビテーションを受けるのに必要だったアメックスプラチナカードでの決済額は月に200万円から300万円

アメックスプラチナカードでの決済額は、月に200万円から300万円程度だったそうです。アメックスセンチュリオンカードのインビテーションを入手するには旅行やレストラン、ブランドショップなどのエンターテイメント系の決済をした方がいいとの噂を聞いて、主にそういった用途にアメックスプラチナカードを用いて、会社の経費はダイナースプレミアムカードで主に決済していたそうです。

アメックスセンチュリオンカードのインビテーションは郵送ではなく電話。アメックスプラチナカードの利用期間は2年ほど

そんな期間が2年ほど続き、年齢は31歳か32歳の頃、ある日、アメックスから電話がかかってきます。アメックスセンチュリオンカードに興味はありませんか、との内容だったそうです。この時の年収は4億円程度(年収が大きく上がる度にアメックスのサイトから情報を更新していたそうです)。
アメックスセンチュリオンカードのインビテーションは郵送で届くと思っていたので、驚いたとのこと。しかも、電話でアメックスセンチュリオンカードに興味がある旨を伝えたところ、実際に会って説明したいと言われ、再びの驚き。

実際に会ってアメックスセンチュリオンカードの説明を受ける

翌週に、港区にある彼の会社で会うことになりました。当日、訪ねてきたアメックスの社員の方は、30代中盤くらいの男性だったそうです。名刺交換をし、アメックスセンチュリオンカードの特典や入会金、年会費などの説明を一通り受けて、申込書にサインをするという簡単なものだったとのことでした。
会社の決算資料や役員報酬明細などを用意していたそうですが、見せる機会はなかったそうです。

無事にアメックスセンチュリオンカードホルダーに

それから5日後に、指定した会社の住所に、黒い箱に入ったアメックスセンチュリオンカードが無事に届き、目指していたアメックスセンチュリオンカードホルダーになったとのことです。
以上、一例ですが、アメックスセンチュリオンカードを入手するまでの年収や決済額など、これからアメックスセンチュリオンカード取得を目指す方の参考になりましたら幸いです。
私にはまだまだ遠い道のりだと感じました。

 - クレジットカード, マネー・投資・家計 , , ,